サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

出産後、昏睡状態になった母親 救ったのは、生まれたばかりのわが子だった

Pocket

母親の命を救ったのは生まれたばかりの赤ちゃんでした。

出産後、昏睡状態になった母親

アメリカのノースカロライナ州に住む、シェリー・カウレーさん23歳。
ジェレミーさんという男性と結婚した彼女は、出産を控えていました。

生まれてくるわが子に思いを募らせ、膨らんでいるお腹を優しく撫でる毎日…。
2人の生活は、幸せの絶頂期と言って過言ではありませんでした。

しかし、待ちに待った出産当日…彼女を強烈な痛みが襲いました。
陣痛が始まった途端シェリーさんの容態は一変し、
急きょ帝王切開で出産が行われることになります。

担架の上で横になったシェリーさんは、あまりの痛みに不安を抱きました。
「出産が終わった後、私は目覚めないかもしれない…」と、死の恐怖さえ感じるほどに…。

医者の尽力の甲斐もあり、なんとかシェリーさんは元気な赤ちゃんを出産。
しかし、彼女の体はとても危険な状態になっていました。
シェリーさんは動脈にできた血栓のせいで、昏睡状態に陥ってしまったのです。

数時間どんなに手を尽くしても、まったく目を覚まさないシェリーさん。
彼女の状態が絶望的なのは誰が見ても明らかでした。

「あの時医師は、できる限りのことをしてくれた。
でも、彼女がもう助かる確率は限りなくゼロに近かった。
その状況で僕は、赤ちゃんが生まれた喜びと、
妻と別れる恐怖で混乱してしまっていた…」

夫のジェレミーさんは、その時のことを振り返ってこうコメントしました。
新たな家族と出会えた喜びや、愛する家族と別れる悲しみが同時に来るだなんて、
言葉にならない感情を抱いたことでしょう。

そんな中、看護師の女性がとある提案を持ちかけました。

「生まれた赤ちゃんを、シェリーさんの胸元に寄せてあげましょう!
もしかしたら、なにか伝わるかもしれない…!」

きっと、藁にもすがる思いだったのでしょう。
医師たちは先ほど生まれた赤ちゃんを、シェリーさんの胸元に寄せることにしました。

10分後、赤ちゃんが泣き声をあげ始めた瞬間…奇跡は起こりました。
なんと、シェリーさんの心拍が再び回復し始めたのです!

なんとか山を乗り越えたシェリーさんは、1週間後に意識を回復。
愛する夫と喜び合い、わが子の顔を見ることができました。

赤ちゃんをシェリーさんの胸元に寄せた看護師は、
『カンガルー・ケア』という方法を参考にしたと話します。

この方法は、新生児に母親が触れると、心拍数が調整され、血圧が安定されるというもの。
あの時看護師は、逆に母親にも効果があるのではないか…と思ったそうです。

奇跡的に鼓動を再開したシェリーさんの心臓に、
親子の絆が彼女を救ったと思わずにはいられません。

赤ちゃんはリリアンちゃんと名付けられました。
両親とお兄ちゃんの大きな愛を受け、すくすくと成長しています。

当時を振り返り、シェリーさんはこうコメントします。

「意識が戻った時、リリアンの顔を見てとても強い絆を感じたのを覚えているわ。
いつか、この子に教えてあげるの。あなたはお母さんの命を救ったのよ…って」

シェリーさんの奇跡は、多くの医師を驚かせました。
そして医師たちは、口をそろえてこう言うのです。

母親と子どもの間には、科学や医療では解明できない『なにか』がある。
その『なにか』とは、母と子を結ぶ強い絆なのだろう…と。

出典:youtube.com

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう!

サプライズから最新の話題をお届けします

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook