サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「タイで象に乗る」観光客目当ての象乗りの裏に潜む闇をご存知ですか?

Pocket

タイで象に乗る。
実際その経験はなくとも、耳にしたことやテレビでその様子を見たことのある方は多いのではないでしょうか。
象に乗って1時間ほど観光できるということで現地では割と人気なようですが、
この象たちは虐待の末におとなしくコントロールされているということをご存知ですか?

象をコントロールするには

「象使い」と呼ばれる人たちがいますが、彼らが象をコントロールするそのやり方は
「虐待」以外のなにものでもありません。子どもの象と親の象を無理やり引き離しロープで縛りつけ、人間に逆らわなくなるまで棒やフックなどで打ち続けるのです。

暴力でもって洗脳され、拷問を続けられる象。
そんな果てに人間を乗せて観光に利用されるということを知っていれば、
恐らくほとんどの人は象に乗りたいとは思わないでしょう。
象だってストレスも溜まれば精神的に脆くなることもあります。
食べ物さえ満足に与えられず、ただ象使いに酷い仕打ちを受けている象たち…。

何十年も飼い殺しにされた象たちがそのまま息絶えるか、
ギリギリのところで救われるかは保護団体メンバーにかかっています。
このほど、Boon Lott’s Elephant Sanctuary (BLES)に一頭の象が保護されました。

保護された象・サオノイ

出典:www.facebook.com

 

サオノイは何十年もの間、観光客のために「象乗りの象」としてこき使われており、
BLESスタッフに保護されたときには既に弱り切っていました。
アジア象の平均寿命は80歳ぐらいだと言われていますが、このときサオノイは60歳。
これまでの虐待ともいえる飼育により完全に弱っており、
救出されてからも何度も倒れてしまうという衰弱ぶりでした。
それでも象の聖地・保護センターに住むことになったサオノイには、しばらくして友達ができました。
同じくこれまで観光客を乗せていたブーンソンです。
ブーンソンは片目が見えず背中が曲がっていて、体中あちこちに傷がありました。
原因はいうまでもなく、長年の象乗りからの虐待と観光客の重さにより生じた障害です。

出典:www.facebook.com

 

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook