サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

ド派手な女装で親友の葬儀に参列した男性。その理由に真の男の友情を見る

Pocket

イギリスでも日本と同様、葬儀の参列者は故人を偲び、「喪に服する」意味を兼ねて、黒を基調とした服で最後の別れを告げるものです。
redditに、親友の葬儀にド派手な女装で参列したイギリスの兵士の写真がUPされました。
泣きながら女装で参列しているその写真は話題になっています。
彼が女装で参列したその理由とは。


グリーンのドレス、ピンクのハイソックス

アフガニスタンで戦死したイギリス兵士、ケビン・エリオットさん。
享年29歳でした。彼の葬儀に、
「蛍光グリーンのドレスにショッキングピンクのハイソックス」
という奇妙でド派手な女装をした男性が参列しました。
そして不思議なことに参列者たちは、そのふざけた格好の理由を聞いて、
涙が止まらなくなったそうです。

出典:www.reddit.com

ド派手な女装をしたバリー・デラリーさんも兵士です。
そして亡くなったケビンさんの一番の親友でした。
実は、ケビンさんの生前、彼らはこんな誓いを交わしていたのです。
 
********
 
5年前、ロイヤル・スコットランド連隊に所属していた2人はアフガンに派兵され、
タリバンと戦っていました。仲間が次々と倒れていく中、
バリーさんは敵の脅威に打ちのめされていたそうです。
 
そんなバリーさんを勇気づけるため、
あるいはもしかしたら自分自身を勇気づけるためだったのかもしれません。
ケビンさんはバリーさんとこんな約束をします。
 
「何怖がってんだよ。大丈夫だって! 万が一どっちがか死ぬことになったら、
葬儀にはど派手なドレスを着ていくことにしようぜ。色はグリーンとピンクな!」

出典:www.reddit.com

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook