サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

人間に何度も虐待され、身体が麻痺してしまった母猫。脚をひきずりながら向かった場所は…

Pocket

またも愚かな人間の犠牲になってしまった動物の話です

人間に何度も虐待され、身体が麻痺してしまった母猫

ある日、オーストラリアの動物保護団体に1本の留守電が入りました。
相手は自宅の庭で野良猫の親子を育てているという女性からで、
耳を疑うようなメッセージが残されていたのです。

「近所の人が母猫を何度もトレーラーに叩きつけたの…!」

この通報を受けた動物保護団体のオーナー、ワルトンさんはすぐさま現場へ駆けつけました。

するとそこには、まだ小さな子猫たちと、ピクリとも動かなくなってしまった母猫の姿が…。

生後1週間の子猫たちは女性宅の安全な場所へ移動させましたが、
母猫の遺体はひとまずそのままの場所に安置されていました。

そして翌日。
女性の自宅を訪ねたワルトンさんは、驚くべき光景を目にしたのです。

死んだはずの母猫が我が子のもとへ
なんと、死亡したと思われた母猫は生きていたのです。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook