サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

がんで余命宣告を受けた愛犬 飼い主は、15年前に撮った写真を取り出すと…

Pocket

何をするにも、何処に行くのも一緒だったパートナー。
飼い主は15年前の愛犬と撮った写真を取り出した

がんで余命宣告を受けた愛犬 

30歳の男性、ゴードン・ドラクロワさんと、愛犬バーディは最高のパートナー。
15年前に出会ってから、2人はどこへ行くにも、なにをするにも一緒でした。

そんなある日、彼は動物病院で医師に驚くべき事実を告げられます。

「バーディは、がんです。残念ですが、先は長くないでしょう」

今は元気でも、半年後には歩くことすらできなくなっているかもしれない…
医師にそう言われ、ゴードンさんと家族は悲しみに暮れました。

そんなある日、初めてバーディと出会った15年前、
そして5年前に撮影した写真を眺めていたゴードンさん。
ベルギーにある祖母の家で撮影した2枚の写真を見て、こんなことを思い付いたのです。

「昔撮影したこの写真と同じ構図で、もう一度写真を撮ろう!」

祖母に連絡し理由を話すと、彼はバーディを連れてベルギーへと向かいました。

15年前とまったく同じ場所、構図、服…。
唯一異なるのは、ゴードンさんとバーディが見違えるほど成長したことでしょうか。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook