サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

天国へ旅立った愛犬に、手紙を書いた男性 愛溢れるその内容に涙…

Pocket

愛犬の存在は家族。その事伝えてくれた男性の手紙の内容がとても素敵だと話題になっています。

天国へ旅立った愛犬に、手紙を書いた男性

ペットは、長い年月を共にする「家族」や「親友」のようなとても大切な存在。
もしくは、言葉では表せられない存在かもしれません。
しかし、人間と動物の寿命は異なります。
ほとんどのペットは、飼い主より先に天国へ旅立ってしまうことでしょう。
大好きなペットが先立ってしまったら、飼い主は大きな悲しみに襲われます。
「もう立ち直れないかもしれない」…そんなことを思ってしまうくらいに。
今回ご紹介するのは、動物愛護サイト『The Animal Rescue Site』に投稿された一通の手紙です。
アメリカのケンタッキー州に住むクリスさんは、先日18年間一緒だった愛犬・ジェシーに先立たれてしまいました。
愛犬が亡くなった悲しみに暮れる中、彼がとった行動はジェシーへの手紙を書くこと。
その手紙に綴られていたのは別れの言葉ではなく、たくさんの素敵な思い出と「ありがとう」の言葉でした。

❝大好きなジェシーへ
君と家族になった日、僕は「永遠に生きてくれ」と言った。
その後も僕は、君がいなくなってしまうことが怖くて長年この言葉を囁いていたね。
僕の体は、今でも君を散歩に連れていきたくて仕方ないんだ。
玄関に置いてある君のリードも、「散歩に行こうよ!」って語りかけてくる。
今週は雨がずっと降っていたけど、雨が降りやむとつい君の散歩の時間を確認してしまったよ。
それに、クラッカーやポテトチップスを食べる度に、もういない君を探してしまうんだ。
とても静かで、穏やかな性格…。君は、僕にとって最高の犬だった。
変なところにオシッコしたり、誰かに噛みついたことは一度もなかったよね。
普段はまったく吠えないから、たまに吠えると自分の声にビックリするのは面白かったよ。❞

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook