サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

幼い頃から人気の俳優・神木隆之介には、生存率たった1%の難病を持っていた過去があった

Pocket

いつの時代もこの俳優をメディアで見ない時はなかったと思います
今後も活躍を期待される、神木隆之介さん。彼には製造率1%の難病を患って生まれていた過去がありました

幼い頃から人気の俳優・神木隆之介

中性的な顔と抜群の演技力で人気を誇る、俳優の神木隆之介さん。
1993年生まれで、2歳で芸能活動を始めた彼は、天才子役としてメキメキと頭角を現します。

2001年8歳の時に「千と千尋の神隠し」で声優デビュー、
2004年の映画『お父さんのバックドロップ』に宇梶剛士さんとのダブル主演、
2005年に映画『妖怪大戦争』での主演など、その活躍はお墨付きです。

正統派なイケメン俳優と思いきや、アニメ・漫画や鉄道が大好きな
オタクっぽい一面も持ち合わせています。
そんな人気若手俳優の秘密を知っていますでしょうか。

助かる確率は1%の難病に罹る

神木さんは生後まもなくして、重度の感染症にかかっていたといいます。
危篤の状態が2ヶ月も続き、その後も入退院を繰り返していたようです

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook