サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

命を救い続けるアルゼンチンの少年 夢はアニマルシェルターの開設

Pocket

命を大切に思い続ける一人の少年がアルゼンチンにいます。
彼の素敵な夢とは

命を救い続けるアルゼンチンの少年

マルコ・デル・ピノは、アルゼンチンのコルドバに住む14歳の少年です。
彼には他の子供とはちょっと違ったことがあります。
彼は、他の同級生たちと同じように、テレビゲームで遊んだりテレビに夢中になったりということがありません。
彼は普通とは全く異なる趣味を持っているのです。それは、生き物を助けることです。
それは、彼が兄弟のフランコと一緒に家の近くで芝刈りをしていた時から始まりました。
そのとき彼らは、置いてあった箱の前で足を止めました。
中から何か音が聞こえてきたからです。その箱の中に待っていた光景を2人は信じられなかったといいます。
中には、うるんだ目でこちらを見ている子犬が3匹入っていました。
子犬たちはここに捨てられていたのです。

このときから、マルコのレスキューの仕事が始まりました。
マルコは兄が住んでいる家に子犬たちを連れていき、
そこでお風呂に入れてエサを与えてあげました。
そして彼は、友だちの家を回って、この子犬たちを引き取ってくれる場所を探してあげたのです。
この感動的な出来事がきっかけとなり、
マルコは多くの動物たちを助けようと救助ボランティアの仕事を始めました。
「最近では、生後わずか45日ほどの子犬が5匹箱に入れられて捨てられているのを見つけたよ。
その前には生後たった20日の子犬もいたんだ」
マルコは、このときも兄と彼の妻のFacebookを借りて
子犬たちのために新しい家族を見つけてあげることができました。
「引き取ってくれるのが友だちの家だとすごくうれしい。いつでも会いに行くことができるから」
マルコは話します。彼の夢は、いつか自分のアニマルシェルターを開設することだそうです。
「動物たちが安楽死させられるという話を聞くたびに、
何もしてあげることができない自分の無力さを感じるんだ」

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook