サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ダウン症の息子だけ誕生会に呼ばれない…母親の行動に賛否両論が起きる

Pocket

障がいをもった子供に大して起きる差別。それはどういうものなのか?
果たしてそれは差別なのか?色々考えさせられる記事です

ダウン症の息子だけ誕生会に呼ばれない

ジェニファーさんの息子、ソーヤくんはダウン症として生まれました。

母親である彼女は、クラスの中で自分の息子だけ、友人の誕生日パーティに呼ばれなかったことを知り、こんな公開レターをFacebookに投稿しました。

「クラスのお友達の誕生日パーティにウチの息子だけが呼ばれなかったことを知りました。
そのことを問題視したいわけではないの。ただ、この気持ちをシェアさせてほしい」

「なぜなら、これは多くの人にとって障害について知る良いキッカケになると思ったから。
だから、息子のクラスメイトの両親に向けて、公開レターという形で手紙を書きます」

こんな文章で始まるこの公開レターは、多くの人の共感と、ほんの少しの反論を呼び、ジェニファーさんの希望通り、Facebook上で大きな議論となりました。

「私たちはお互いをよくは知らない。
分かっているのは、息子のソーヤと、
あなたのお子さんが同じクラスに属しているということだけ」

「ただ、それでも私には分かっている。
あなたのお子さんがうっかりしていたのではなく、
意図的に私の息子をパーティに呼ばなかったということを。
そして、その決定はさまざまなことを考慮して下した結論だということも」

少し柔らかい表現や絵文字などを使い、
「伝わりやすいように」と意図しながらジェニファーさんが文章を綴っているのが分かります。

「私は息子があらゆるパーティに呼ばれることを望んでいるわけではないの。
実際、去年のソーヤの誕生日パーティには、ほんの数人のクラスメイトしか招待していない。
クリスマス休暇と重なったせいもあってね」

「でも今回は意味が違うわ。あなた方はソーヤを除く、
クラスメイト全22人をパーティに招待している。これは事実よ」

そして、核心に迫る文章を綴ります。

「あなたのお子さんがソーヤを呼ばないと決めた時、あなたはそれをOKした。
ソーヤがダウン症であるという理由だけでね」

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook