サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

中国で行われる犬食祭…世界的批判を受けながら今年も開催

Pocket

中国・玉林市で開催され、その度に論議が起こる犬食祭。
文化の違いなどのため簡単に否定できるものではありませんが、このような出来事が他の国で実際に行われていることは知っておく必要があるのではないかと思います。

 

食肉処理される犬は約1万匹

 

今年の6月21日に、中国・広西チワン族自治区玉林市で犬食祭りが開催されました。

 

この催しはここ数年毎年開催されており、その度に犬の扱いに関して世界的に論議が起こっています。

今年も中止を求める署名や愛護団体による活動も行われてきましたが、世界中からの批判を浴びつつも開催されることとなりました。

 

 

開催にあたり、食用とされる犬は約1万匹にも上るとみられています。

 

国外からだけでなく、国内からもこの催しに対する否定的な意見は多く、玉林市の住民を含む中国人の約51%ほどの人が「犬肉の売買を全面禁止してほしい」と考えているそうです。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook