サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

皮膚病に悩む赤ちゃん…原因は日本でも一般的に使われるあの薬剤が原因だった

Pocket

いくら湿疹が治ってもまた数日後には発症してしまう…

 

原因をインターネットで調べた母親は、そこでようやく原因に気づくことができました。

医師に相談するも皆同じ回答だった

 

ステファニーさんの息子であるイザヤくんは、生後三ヶ月ほどで体に赤い湿疹のようなものができるようになりました。

 

病院へ連れて行くと医師から湿疹だと診断され、ステロイド剤を処方してもらいました。

 

ステロイド剤は患部によく効き、すぐに直してくれます。
しかし、しばらくするとまた症状は現れ、その度に前回より多いステロイド剤を必要としました。

 

これが悲劇のサイクルの始まりでした。

 

 

このサイクルは完全に治ることにならず、ステファニーさんは他の病院にもイザヤくんを連れて行きますが、すべての医師に”湿疹”だと診断され、これまでより強いステロイド剤を処方されるだけでした。

 

母乳中のタンパク質が症状を悪化させることもあり得ると言われたことから授乳を控え、イザヤくんが嫌がることから肌を触れることも難しくなっていきました。

 

 

原因はわからないまま数ヶ月が過ぎた頃さらに症状は悪化したため、荒れた肌からの感染症を恐れ外出を控えるようになり、手や肌をガーゼで包み傷つけないように保護しました。

 

イザヤくんが唯一落ち着くときが、水風呂に浸かっている瞬間でした。

 

当時の様子をステファニーさんは「まるで肌がないような状態」とコメントしています。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook