サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

全身を癌性腫瘍に覆われた野良犬…道行く人も見放し命も危ぶまれたこの犬は奇跡的回復を遂げる!

Pocket

思わず目を疑ってしまうほどひどい状態の野良犬。

 

発見者の思いやる心と引き取った女性の愛がこの犬を見違える姿に変貌させました。

全身を癌性腫瘍に覆われた犬

 

メキシコの首都メキシコシティで通行人がある1匹の野良犬を見かけました。

 

この町では100万以上の野良犬がいるため、野良犬がいること自体は珍しいことではありませんが、その犬は他の野良犬と違い、とてもおぞましい見た目だったと言います。

 

その犬はなんと全身を癌性腫瘍で覆われていたのです。。。

 

 

発見者は動物保護活動家であるダリアさんの元へこの犬を連れて行くと、ダリアさんはそのまま引き取り、ボビーという名前をつけました。

 

そして動物病院へ連れて行き、しっかりと身体中を検査してもらいました。

 

この腫瘍を治療するためには化学療法が必要となり、それは強い副作用があります。
治療の間ダリアさんはボビーを励まし、支えました。

 

ボビーは2か月の間に8回もの化学療法が行われました。
その治療はとても辛く、野良犬時代に飢え続け十分な栄養がとられていなかったため耐え抜けるかどうか、より困難だと考えられていました。

 

 

しかしボビーは病に負けませんでした。
治療に耐え抜き驚くべき回復を見せ、見違えるような姿になったのです!

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook