サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

息をひきとる前に語られる「後悔」、そこには多くの人が共通して抱く思いがあった…

Pocket

長年、死を間近にした患者の介護に携わってきた女性。
彼女は多くの患者と接するうちに、死の間際に語られる後悔の話には共通点があることに気づきます。

 

死ぬ前に多くの人が共通して後悔する5つの内容とは?

共通して語られる5つの後悔

出典:www.amazon.co.jp

 

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わったBronnie Wareさん。

 

彼女によると死の間際に多くの人間がやること、それは自分の人生を振り返ることなのだそうです。

 

そこで患者たちは後悔も口にします。
その後悔は、多くの人が同じ内容に対して抱くのだそうです。

 

彼女だからこそ得たこの体験は、”死ぬ瞬間の5つの後悔”というタイトルで出版もされています。

 

今回は死を間近に控えた人々が口にした後悔の中で特に多かったもの5つをご紹介します。

 

 

1. 自分自身に忠実に生きれば良かった

 

”他人に望まれるように”ではなく「自分らしく生きれば良かった」という後悔がもっとも多いそうです。

 

人生の終わりに達成できなかった夢がたくさんあったことに、患者たちは気づくのだそう。
ああしておけばよかったという気持ちを抱えたまま世を去らなければならないことに、人は強く無念を感じるのです。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook