サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

20キロもの腫瘍ができ、さまよっていた犬…保護したスタッフも思わず目を疑ってしまった

Pocket

保護したスタッフも目を疑うような状態の犬。
無事保護されて本当に良かった。。。

20キロもの腫瘍ができた犬

 

アメリカ・カリフォルニア州で1匹の犬がビーチを歩いているところを保護されました。

 

動物管理センターに勤めているバレリーさんは、目撃情報があったビーチでこの犬を最初に見たとき、思わず自分の目を疑ってしまったとコメントしています。

 

というのも、犬のお腹の部分はとても大きく腫れ上がっていたのです。

 

 

検査をしてみると、この大きな膨らみは腫瘍によるものだと判明します。
しかもその腫瘍は何と46ポンド( 約20キロ)もあったそうです。

 

あまりに大きく膨らんだ腫瘍の影響で真っ直ぐに歩くことすらままならない状態。
バレリーさんは手術を受けさせる準備をしましたが、あまりに大きな腫瘍であったことと犬が高齢であったため、すんなりと手術を行ってくれる獣医が見つかりませんでした。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook