サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

出産後、母親に病院で置き去りにされた5体不満足の男児。その後、男児に待ち受けてい人生とは

Pocket

自分が出産した子供が五体不満足で生まれてしまった場合あなたはどうしますか?
彼は自分の境遇に大して、何も文句を言う事なく、前向きに生き続けていきました。

前向きに生きる彼に待っていた人生とは?

前向きに生き続ける人生

今から17年前、ブラジルのある病院で生まれたGabe Adams(ゲーブ・アダムス)君。
彼は両手両足が欠損した5体不満足で生まれました。
悲しい事に母親に病院に置き去りにされたのです。

その後、施設へ引き取られたゲーブ君。
ところが彼の運命を変えたのはアメリカに住んでいたアダムス一家でした。
ユタ州在住の一家はゲーブ君のことをメディアで知り「私たちが引き取らなきゃ」と瞬時に思ったと言います。

アダムスさんは当時の心情を振り返りメディアに語りました。
「思い立ったらすぐ!という感じでもう飛行機に乗っていました。」
初めてゲーブ君を空港で迎えた時から、既にアダムス一家はゲーブ君と家族としての繋がりができていたのです。

この時を境にゲーブ君はもう一人ぼっちではなくなりました。
温かい両親となんと13人の兄弟ができました。

5体不満足であるにも関わらず、他の子供たちと同じように何にでもチャレンジ精神が旺盛なゲーブ君。
早朝、聖書を読む時もページは口でめくり水泳にだってお父さんと通ったことも。
そしてお父さんのサポートのもとプールにダイブもできるようになりました。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook