サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

虐待され左足と尻尾を失った犬が、引きとられた家族の少年の難病を克服させるセラピー犬として生まれ変わる

Pocket

虐待が心も体も疲れてしまった犬。引き取った家族の少年を救う力があるのにきずかれなかった
その存在は大きく、やさしさに溢れていました。
素敵な家族と素敵な動物のお話です

大きな優しさで引かれ合った二人

イギリス・ロンドンの鉄道線路に1匹の犬がいました。
その犬は、生後6ヶ月のアナトリアン・シェパードで、何者かによって鉄道線路に繋がれたままにされてたのだそう。

そのせいで、尻尾と左後ろ足を轢かれてしまったのです。

残虐すぎる事件です

イギリスの動物虐待防止協会が救助したのは、その事故があって約5日後のことでした。

すでに傷口は感染症にかかっており、事故に遭った尻尾と左の後ろ足は切断しなければいけない状況でした

「ハチ」と命名されたその子犬は、里親が見つかりその家へと移動したのですが、そこで飼っていた犬と打ち解けることができませんでした。

再び、保護施設へと戻されたハチに安楽死という選択肢も浮かびました。
ハチが救助されてから6週間後、ある夫婦によってハチは引き取られました。
今度こそ、うまくいくのでしょうか。

その夫婦には、シュワルツ・ヤンペル症候群という難病を抱えた息子オーエンくんがいました。
両親は、子犬のハチと息子オーエンくんが仲良くなるのかどうか心配していたそうです。

というのも、実はオーエンくんは、
シュワルツ・ヤンペル症候群だけでなく広場恐怖症でもあったのです。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook