サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

虐待を受け体はやせ細り飢餓状態にいた犬…保護され男性の優しさに触れると見違える姿に!

Pocket

まさに骨と皮だけの容姿の犬。
体重わずか6.8kgという危機的状況の中、保護されしばらくすると見違えるように美しい姿を取り戻しました!

 

ガリガリにやせ細った犬

 

スペイン南部グラナダ州で起きた悲しい出来事。
警察の元に住民からひどい状態の犬が放置されていると連絡が入りました。

 

連絡を受け動物保護団体が現地に到着すると、そこにはガリガリにやせ細り、骨の形が浮き出てしまっている姿の犬がいました。

 

バリラと名付けられたこの犬は、発見時の体重はなんと6.8kgしかなく、飢餓状態にありました。

 

推定生後10ヶ月のバリラ、生まれてからずっと飼い主によって閉じ込められ、エサや水などほとんど与えられなかったのではないかと考えられています。

 

衰弱しきっており立つことすらできない状態のバリラを見て、獣医により一晩すら命がもたないかもしれないと考えられていました。

 

しかし、点滴を打ち栄養を与え、食べ物と水を少しずつ与えていくと徐々に体重も増え、自分で立ち上がれるようになります。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook