サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

浸水した水に浸かり顔だけ出して生き延びていた犬…鎖に繋がれ放置されていた理由に胸が痛む

Pocket

記録的大洪水の影響で浸水してしまった街。

 

巡回中、首まで水に浸かった状態で放置された犬が発見されました…

逃げたくても逃げられない状況だった

 

アメリカ・テキサス州で記録的な大洪水が発生しました。
その影響で街にも浸水の被害が及びました。

 

そんな中、ボートで街を巡回していると首まで水に浸かった状態でその場に佇む1匹の犬を発見しました。

 

すぐさま近寄り救助に当たる保安官のトロイさん。
よく見ると犬は鎖に繋がれた状況だったため、自分で脱出したくても不可能な状況でした。

 

無事救出されシェルターに保護された犬は怪我もなく元気な状態だっため一安心。

 

後日、この犬の飼い主に事情を聞くと、
「最初は水位があそこまで上昇するとは全く予想もしていなかった。
それに、正直犬はもういらないと思って・・・」
と話したというのです。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook