サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

盲導犬の抑えていた感情…補助器具を外した犬がとった行動が胸を打つ

Pocket

盲導犬は目の見えない飼い主のために、安全に目的地へ誘導するよう訓練された犬です。

盲導犬の存在は視覚障がい者にとって、命を託している存在とも言えるかもしれません。

 

そんな盲導犬の隠れた感情が垣間見える、獣医さんが綴ったお話をご紹介します。

補助器具を外した盲導犬のとった行動とは?

 

毎朝、私が通勤する途中に見かけていたある盲導犬。
交通量の多い交差点で、いつも彼が信号待ちをしている時間にちょうど私はそこを車で通過します。
獣医と言えども、盲導犬を見る機会はそんなに多くありません。
「やっぱり盲導犬は凄いなぁ。素質があるよねぇ。」とニコニコ彼を見るのが日課となっていました。

 

ある日、そんな盲導犬の彼が、ひょんな事から私の患者になりました。
盲導犬の管理は非常に厳しく定められており、月に一回の健康診断、爪の確認、 足裏の毛刈り、肛門腺に予防関係に・・・・
とにかく飼い主さんに危険が及ばないよう、完璧な状況下で任務がこなせるようメンテナンスされています。

 

もちろん優秀な盲導犬。
爪切りでも自分から足を差し出すほどで、全ての診察が非常にスムーズに進みます。
ところがある日、彼の本当の姿を見ることになるのです。

 

それは正確に体重を測ってみましょうか・・と盲導犬の補助器具を全て外した時の事でした。

 

彼は一目散に病院を駆け巡りました。
そして、病院内の看護士、獣医一人ひとりに挨拶をするようにじゃれて、グルグル回って、伏せをしたと思いきや飛び掛ってきて、また次の人間のところへ・・・

 

そう、これが彼の本当の姿だったのです。
本当は人間と一緒に思い切り遊びたくて、走り回りたくて、普通の犬としての暮らしに憧れを持っていた。
そんな彼に与えられた使命、盲導犬。

 

長い間、ずっと抑えていた感情だったのでしょう。
そんな彼がその感情を放出するきっかけとなったもの・・・それは・・

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook