サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

32時間かけて行われた手術の末、その場に倒れこむ医師達!その瞬間を映し出した写真に称賛の嵐

Pocket

脳にできたいくつもの腫瘍を除去するための手術は、終わってみると32時間もの時間が経過していました。

 

まさに命がけの手術を終えた医師達、そこに映し出された写真からは手術の壮絶さを物語っていました。

手術が終わるとその場に崩れ落ちる医師

 

中国・福建医科大学付属協和医院で大規模な手術が行われました。

 

手術はある日の午前9時から翌日の午後5時まで、計32時間かけて行われる大手術でした。

 

こちらの写真は執刀した3人の医師が、手術終了後に疲労のあまり手術室の床に横になっている姿を写したものです。
なんとかピースサインを送っているものの、手前の医師は手をあげることすらできないようです。

 

患者は脳にいくつもの腫瘍があり、医師3人で異なる6つもの手術を行いました。

 

手術は無事成功し、執刀した医師は

 

「患者は15分以上心肺停止の状態だったが手術により助かった。
このたくさんの汗も無駄ではなかった」

 

と話しています。
こちらは手術後の医師の後ろ姿。
大量の汗でびっしょりになっている様子が伝わるのではないでしょうか。

 

そしてその場に崩れ落ちたのは医師達だけではありません。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook