サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

これが親子の絆の力…我が子の誕生と引き換えに命を失った母に起こった奇跡

Pocket

いよいよ最後を覚悟したその時、
看護師のアシュリー・マヌスさんはあるアイディアを思いつきました。

「新生児にとって母親とのスキンシップは大切だとされているから、
母親にも効くんじゃないかと思ったの。」

そして裸のままの赤ちゃんを、意識の無い母親の胸の上にそっと寝かせました。

「どこかにまだシェリーさんの命があることを願っていた。
赤ちゃんの肌や心臓の音を感じ取って、
泣く声を聞いたら本能が彼女を目覚めさせてくれるんじゃないかって。」

しかし、生まれたばかりの小さなライランちゃんは母親の肌に触れた瞬間、
安心したのか泣き止んで眠ってしまいました。

「私たちは赤ちゃんをくすぐったり、何度が軽くひねったりした。
それなのに、泣いてくれるまで10分もかかったわ。」

次の瞬間、奇跡が起こりました。
ジェレミーは目に涙を浮かべながら、その時の様子を語っています。

「心拍計に再び光がついたんだ。
赤ちゃんの泣き声がシェリーに届いて、僕は妻を取り戻す事ができた」

シェリーさんの容態はその後安定し、1週間後に意識を取り戻しました。
そしてやっと小さな娘を抱くことができました。

「ライランの顔を見て、世界一可愛い赤ちゃんだと思った。
母親は誰でもそう思うのは分かってるけど、起きた全てのことを思うと、
強い絆を感じたの。」

そんなライランちゃんも1歳を迎え、誕生日をお祝いしました。

「去年は生死の狭間をさまよったけど、今年は可愛い1歳の娘と一緒にいる。
大きくなったらライランに教えてあげるの、
彼女が私の命を救ってくれたことを。」

出典:youtube.com

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう!

サプライズから最新の話題をお届けします

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook