サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

鎖を外され、やっと自由の身に…20年間サーカス団に飼われていたピューマの姿とは

Pocket

人間の娯楽の為に多くの動物が犠牲になっている。もちろんその中で多大なる愛情の上であれば幸せに過ごす事もできたでしょう。

今回紹介させて頂くピューマは劣悪な環境で20年間。

最後までご覧ください

20年という長い人生

20年間もの長い間、太い鎖につながれてトラックの荷台で生きてきたピューマ。
そのピューマが解放される様子が撮影された動画が話題となっているのでご紹介します。

ピューマの名はムファサ。サーカス団に飼われて、長い間不自由に過ごしてきました。

そんなルファサが、いよいよ自然に解放される日がきました。
救出したのは、世界中で動物の保護活動を推進している団体「ADI(Animal Defenders International)」。

解放される場所は、ペルーにあるタンボパタ保護区。舟で移動します。
目的地に到着し、檻を開けます。

今まで、まともに感じることもできなかった大地の感触をしっかりと確かめます。

この子にとって未来の瞬間です

何も自由にさせてもらえなかった人生の中で初めて自由に歩く事ができたのです

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook