サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

74分間の命だったけれど…生まれてきた赤ちゃんが成し遂げた素敵なこと

Pocket

命の時間の長さ、それ人にとって不平等です。与えられた短い命の中で大切な人に何を与えられるかが大切になってきます。
その大切さを教えてくれた素敵な話です

最後まで是非ご覧ください

短い命の中で赤ちゃんが成し遂げた事

イギリスのサフォーク州に住む夫婦、妻のエマさんと夫のドルさん。

2015年11月、可愛い二卵性の双子が生まれました。
女の子の名前はホープ(Hope)、男の子はジョージです。

医者から妊娠を知らされたとき、大喜びした夫婦。
しかし…妊娠3か月目になる頃、おなかの中にいるホープちゃんが『無脳症』を患っていることが判明しました。

無脳症を持つ赤ちゃんはほとんど、生まれてもたった数日しか生きられません。
エマさんは、医者から中絶手術を勧められました。

しかし、夫婦は医者の提案を断りました。
少なくとも、「生」を始める機会を与えたい。
言葉では表現できない悲しみの中、夫婦はそう強く願いました。

「正気ではいられなかったけれど、娘の生を無意味にしたくなかった」

そうして訪れた出産の日、先に生まれたのは兄のジョージ君です。
お兄ちゃんの後から、妹のホープちゃんが生まれました。

出産直後、エマさんとドルさん夫婦は何も話さず、
ただホープちゃんを静かに抱きしめました。

そして、生まれてからたった74分後。
ホープちゃんは、両親に抱かれたまま天国へ旅立ってしまいました。

きれいな青い色のホープちゃんの瞳…。
エマさんは自分の手で、亡くなった娘の開いている目をそっと閉じてあげました

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook