サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

遠くに住む母が危篤の知らせ。搭乗予定の飛行機がキャンセル.悲嘆にくれる女性の前に天使が現れて・・・

Pocket

愛する母が危篤。今ままでの感謝の気持ちも込めてどうにかして会いたい。娘の気持ちは本物です。しかし、残酷にも搭乗予定の飛行機はキャンセル。
すると奇跡が起きます。人のやさしさが生んだ素敵なエピソード

人の優しが生んだ奇跡

11月25日、アメリカではサンクスギビングの前日、水曜日のことでした。
ミシガン州グランドラピッドに住むローラさん(Laura Genovich)は、
フロリダに住む父親から一本の電話を受けました。

それは、とても悲しい知らせでした。「お母さんが倒れた」。

金曜日の朝、担当の看護師から、もう2度と母の目が覚めることなないだろうと電話で聞いたローラさんは、
慌しく荷物をまとめ、生後3ヶ月の娘を抱いてGerald R. Ford国際空港と向かったのです。
幸い、アメリカン航空のシカゴ経由フロリダ行きに空席があり、彼女は無事搭乗することができました。

ゲートを離れ滑走路に出てからしばらく待っても、飛行機が動く気配がありません。
メインテナンスの必要があるとアナウンスが流れました。
その間ローラさんは、携帯電話でオーランドにいる父や姪、自宅で待機している夫に
「飛行機はたぶん遅れて到着すると思う。もしかしたらママに会えないかもしれない。どうしよう・・・」
不安な気持ちを伝えていました。

1時間経過し、愕然とするアナウンスが流れます。

「このフライトはキャンセルされました。」

激しくショックを受けたローラさんは号泣します。

「今日ママの傍に行くことは出来ない。。。」

ローラさんは取り乱し号泣してしまいます。
その時です。前の座席に座っていた女性が

「私の名前はメアリー。申し訳ないけど、あなたの話を聞いてしまったの。
ずっとずっとあなたと家族のためにお祈りしていたわ。
あなたがオーランド行きの便に無事乗れるまで、ずっと一緒に居させてくれないかしら。」

突然の申し出に涙をこらえることができなかったローラさん。
ローラさん親子とメアリーさんの3人以外の乗客が全員飛行機から降りたとき、
CAがやってきて、メアリーさんも降りるように促します。
しぶしぶメアリーさんは親子をあとに飛行機から降りていきました。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook