サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

『成人になった君へ』 娘が生まれた次の日に、父が”20年後の娘”に書いた素敵な手紙。

Pocket

夫婦にとって子供ができるというのはとても神秘的な事です。そして同時に身が引き締まる思いで色々な事を考えます。どうか幸せになってほしいと思い手紙を書く事も。
そんな素敵な手紙を書いたお父さんのお話です

20年後の娘にあてた手紙!!

娘が生まれたとき、父親は何を思うのでしょうか。

今ここに、自分が誕生した時の父の想いを知った20歳の女性がいます。

この女性はその時の思いを知り父に深く感謝しています

何故ならどれほど愛されて生まれてきたかを知ったからです

親の気持ちは娘、息子には伝わりにくいものです。

二十歳になった美沙(娘さんの名前)へ

今は1994年12月18日(日)です。
パパです。この手紙を書いているのは、あなたのパパです。
明後日で31才になります。
この手紙を美沙が読む頃、パパは51才になっています。
美沙は昨日17日(土)に生まれました。
女の子と聞いて嬉しかった~!!

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook