サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「定年退職後に離婚、今後が不安。」60代の男性から寄せられた相談に対する返答が考えさせられる…

Pocket

読売新聞に寄せられた熟年離婚に関する相談。
自分の抱える漠然とした不安を相談する60代男性に対し、作家の出久根 達郎さんはこんな返答をしました。

 

気になるその内容とは?

未婚率の増加とともに、熟年離婚も増加している日本

出典:allabout.co.jp

 

日本では未婚率の増加に伴う少子化問題が懸念視されていることはみなさんご存知かと思います。

 

高齢者が増えるのに対し、若者が少なくなってしまうということは国としてとても重大な問題です。

 

また未婚率増加だけでなく、最近は熟年離婚が増えていることも懸念されています。
定年を迎えたと同時に妻と別れ、子供も親元を離れてしまい一人寂しい老後を過ごす人が増えているそうです。

 

今回ご紹介するのも、そんな熟年離婚に悩む男性からの相談です。

出典:twitter.com

こちらが寄せられた相談内容です。

 

60代の男性。
昨春、娘の大学卒業と私の定年退職を機に離婚し、家を出ました。
夢も希望もなく、漠然とした不安を抱えてます。

 

妻や同居の義母とは仲が悪く、10年以上、口を利いていませんでした。
食事も一人、風呂やトイレ意外は自室を出ることもありませんでした。
家の改築や家電の購入、娘の進路などについて一切、相談がなく、娘からの事後報告と費用の請求があるだけでした。

 

今は、地方の古い借家に一人で住んでいます。
少しばかりの年金とアルバイトの給料で生活し、娘の教育ローンの返済もしていて貯金はありません。
妻側についた娘には半年前に携帯電話を替えられ、連絡が取れなくなりました。

 

好きだったパチンコは10年前にやめて趣味はなく、酒やたばこもやりません。
友人もおらず、平日の帰宅後や休日は、テレビを見てばかり。
寂しくつまらなくて、深夜にインターネットのエッチな画像を見てしまいます。
それだけが楽しみになってしまいました。
このまま死んでいくのかと不安です。

 

(静岡・B男)

 

この相談内容はツイッターでとても話題になっており、この投稿をしたツイート主さんは
『「結婚して子供を作らないと老後が寂しくなるよ」と助言してくる全ての人に読んでいただきたい記事。』
とコメントを添えて投稿しています。

 

結婚して生活していても、最終的には悲しい現実が待っていることもあるということを知ってもらいたかったのかもしれません。

 

この相談内容に対し、作家の出久根 達郎さんはこう返答しています。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook