サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

『実話』死産そして母体死亡…悲しみに打ちひしがれる男性に起きた2つの素敵な奇跡とは

Pocket

命が亡くなる事を望んでいる人間は世の中に少ないと思われます。
そして、子供が生まれる際に子供が亡くなってしまう事、一番人間が望んでないように思えます。

悲しみにくれる人間にくれた神様からの素敵な奇跡。

最後までご覧ください

2つの素敵な奇跡とは

それはクリスマスイブのことでした。海外で実際に起きた奇跡のお話です。

Hermanstorfer家にとって、それはそれは待ち遠しかったクリスマスイブです。

母トレイシーさんのお腹には3人目の赤ちゃんが宿っており、クリスマスイブが出産予定日だったのです。

上の子供たちは弟の誕生を心待ちにしていましました。

そしてついにその時が来ました。

トレイシーさんと夫であるマイクさんは、出逢った頃のように仲睦まじく、刻々と迫る赤ちゃんの誕生に胸をときめかせていました。

この時はまだこのわずか数時間後に悲劇が起きるなんて想像もしていなかったでしょう。

すべてが順調で、もうそろそろ生まれそうだと思ったその時!事態は急変したのです。

医師たちがざわざわと慌てだしたのです。

立ち会っていたマイクには一体何が起きたのかわかりませんでしたが、直感的に何かマズイことになっていると感じたそう。

とその時、突然胸に突き刺さるような警告音が鳴り響いたのです。

それはトレイシーの心臓が停止したことを知らせるものでした。

医師たちはあの手この手とトレイシーの心臓が再び動くように処置を施します。
その間マイクは、ただ立ち尽くして見ているだけしか出来ない
自身の無力さにただただ胸が苦しく痛みました。
みるみるうちにトレイシーの顔色が青くなり、
灰色になっていくのをマイクはそばで見ていたのです。
そして医師たちの努力の甲斐なく、トレイシーの死亡が告げられました。
しかし悲しんでる場合ではなかったのです。
まだ赤ちゃんがお腹の中に残っていたので、急速に取り出す必要がありました。
医師たちは放心状態のマイクに、これから緊急帝王切開をすると説明しました。
妻の死に直面しながらも、今度は赤ちゃんの誕生に不安と希望を抱いて待つこととなりました。
そこにはトレイシーの心臓が止まった音が鳴り響き、医師たちの殺気立った声がざわめく中、
まだ事態を飲み込めず呆然とするマイクがいました。
何か言われても頷くことが精一杯のマイクは、
愛するトレイシーの体が切られていくのをぼんやりと見つめていました。
そしてトレイシーのお腹から赤ちゃんが取り出され、
医師たちは赤ちゃんが泣くのをしばらくら待ちましたが…
マイクに告げられた言葉は『死産です』
愛する妻と誕生を待ちわびた息子を同時に失ったマイクの気持ちは、
想像を絶するものだと思います。
医師は、悲しみに打ちひしがれるマイクの腕に死産で生まれた赤ちゃんを抱かせました。
その時奇跡が起きたのです!

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook