サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

『今日、愛する息子をいじめたあなたへ』母親の力強い言葉が胸に刺さる

Pocket

愛する自分の息子がイジメられたらどう思うのでしょうか?
自分がその時の立場になって考える想像力。これは子供に大して大人がしっかりと教えなければなりません。

いじめという愚かな行為に対して丁寧に伝えてくれた母親の手紙を最後までご覧ください

今日、愛する息子をいじめたあなたへ

ある日、アメリカのコネチカット州で在住の少年にいじめが行われているのが発覚しました。

愛する息子のマイケルくんがいじめられていると知った母親は、

悩んだ末Facebookにいじめをした子へのメッセージを投稿しました。

今から、私の息子がどのような人生を歩んできたか話をさせてください。
このことを知れば、きっとあなたの彼へ対する態度は変わることでしょう。

どんなに素晴らしい子どもでも、
精神的に不安定になったり弱くなってしまう時があります。
そんな時、親が子どもに教えてあげるべきことは
「人は人それぞれ」ということだと思うのです。
多くのことを学んで知ることはとても大切なことで、
忘れてはならないことです。

マイケルは未熟児として三ヵ月早く生まれ、
輸血やシャントの装着などに苦しみながら生きようと頑張っていました。
それからしばらくして、マイケルを出産した母親はこの世を去ってしまいました。
私はマイケルを出産していませんが、彼の本当の母親だと思っています。

三歳になるまで言葉を話すことができず、歯が生えてきたのも一歳の誕生日を過ぎたころだったマイケル。
歩けるようになるまでも長い時間を要しました。
しかし、マイケルはいつでも楽しそうでした。
私は、彼の笑顔が世界で一番大好きです。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook