サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

赤ちゃんがダウン症だと判明、中絶を勧める医師に宛てた母からの手紙に考えさせられる

Pocket

子供が生まれる、神秘的で家族を持つものにとって最高の喜びです。
しかし、医師は色々なケースを見てきています。今後の事、それを向けて伝えたのかもしれません。
母は自分から生まれてきた命に大して最大の愛情を注ぐ事を決意していました

母からの手紙。最後までご覧ください

障がいをもった赤ちゃんへの愛情

ある母親が医師に宛てて書いた手紙が大反響を呼んでいます。

母親であるCourtney Bakerさんは、娘のEmersynちゃんを産んで1年が過ぎた頃、
出生前診断を担当し、中絶を勧めてきた医師に宛てて手紙を書くことにしたのです。

一連のエピソードはFacebookで紹介されました。

Emersynちゃんがまだお腹にいるとき、Courtneyさんは医師から、
胎児がダウン症であることを告げられました。

医師は「赤ちゃんはもちろん、あなたの家族の生活の質も恐ろしく低下するだろう」と説明し、
何度も中絶するよう勧めてきたといいます。

この医師の勧めを断り出産に踏み切ったCourtneyさんは、
「彼の言っていたことは全部間違っていた」と実感。
以下のような手紙をしたため、Facebookで拡散してもらえるよう訴えました。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook