サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

暴行を受けたアスペルガー症候群の青年は相手を起訴しなかった。彼が代わりにとった行動とは?

Pocket

ある日クラスメートに呼び出され、突如暴力を受けたアスペルガー症候群の青年。

 

相手は警察に捕まりましたが青年は起訴することはしませんでした。
代わりにある条件を出します。
その内容に多くの反響があったのでご紹介します。

クラスメートから陰口を叩かれていた

 

アメリカ・イリノイ州に住むギャビン・ジョセフさん。
彼は3歳の時にアスペルガー症候群と診断されます。

 

興味・コミュニケーションについて特異性が見られる発達障害のため、周りとうまく馴染めないケースがあります。

 

ギャビンさんも学校で周囲と馴染めず、孤立する状況もあったようです。

 

ある日ギャビンさんはクラスメートから呼び出されます。
付いていくとそこには面識のない人物が。
すると突然彼らに暴行を受け、首を絞められたりと恐るべき事件が起こったのです。

 

その時のギャビンさんの様子がこちら。
目元は大きく腫れ、受けた暴力の激しさを物語っています。

 

さらにこの暴行をふるった人物たちは、血だらけのままギャビンさんを道端に放置したそうです。

 

あまりに酷すぎる行動に言葉を失ってしまいます。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook