サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

体に障がいを持つ友人を、3年間休むことなくおんぶして登下校した少年の姿に胸が熱くなる

Pocket

筋肉が萎縮してしまい、歩くことが難しい友人。
そんな友人を毎日おんぶして、学校まで登下校した少年が話題になりました。

2人の友情溢れる姿に胸が熱くなります。

登下校だけでなく、食事や家事・洗濯も手伝った

出典:shanghaiist.com

中国・江蘇省にある大許高校での出来事です。

 

この高校に通う謝旭(シェイシー)くんと張馳(チャンシー)くん。
張馳くんは筋ジストロフィーという難病を患っていました。
この病気は筋肉が萎縮しまうことで、歩くことも姿勢を保つことも難しくなってしまう病気です。

 

張馳くんとは入学してすぐ出会った謝旭くん。
謝旭くんは学校に通うのにも困難な張馳くんをおんぶして登下校を始めます。

出典:shanghaiist.com

体が不自由でも、全ての授業に出席させようとしたのです。

 

体の不自由な人に出会った時、”何か力になりたい”という思いは多くの人が持つ感情だとは思いますが、実際にこのような行動として示すことは決して簡単なことではありません。

 

しかも、3年間休むことなくとなれば尚更のことです。

出典:shanghaiist.com

2人は学校に近い学生寮で暮らしているため、謝旭くんは学校までの登下校だけでなく、食事や洗濯といった家事も手伝っているそうです。

 

もちろん学校でも食堂のために移動したりするため、謝旭くんの話では毎日10数回は張馳くんをおんぶしているのだとか。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook