サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

『拡散希望』介助犬をペット扱いしてはいけない!!大切な意見に深く考えさせられる。

Pocket

介助犬、障がいがある人にとって生活する上で様々な事を助けてくれる存在です。

この介助犬の正しい触れ合い方についてとても大切な事を明記している記事がありましたので

紹介させて頂きます

動物に愛を注ぐ事はとても大事な事なのですが、状況等を確認していかなければならないのです

最後まで是非ご覧ください

介助犬の正しい触れ合い方

介護犬の存在。

人間が障がいをもつ状況になってしまった時にに助けてくれる大事なパートナーです。

障がいを持つ人にとって、この介護犬の存在は特殊です。

ペットであれば家族として接すると思います

しかし介助犬は体の一部と言っても過言ではないほど大切な存在。

介助犬にまつわる、考えさせられるエピソードが話題を集めています。

彼ら介助犬は人間を助けるのが「仕事」になります

迂闊に触ることは、介助犬の仕事の邪魔をすることになるということをご存知でしょうか。

動物を思いやる気持ちが裏目に出て、正しく育てられず安楽死をさせる出来事等が起きています。

動物を、可愛いから触れたいという感情で行動してしまうことで、時には最悪なに出来事に繋がる事もあります

17歳の誕生日を迎えたばかりの米ダラス在住のヘイリーさんは、エーラス・ダンロス症候群という

骨と関節が脆くなり外れやすくなる先天性の病気を抱えています。

そして、てんかん発作を起こしやすい彼女は、前もってその危険性を感知する介助犬と共に生活しています。

彼女の病気はいつ発作が起こるかわからない危険があります。

そんな彼女を助ける役目をしているのがこの介助犬です。

ヘイリーさんにとって介助犬の存在は命綱とも言える存在なのです。

難病のために四肢が不自由な状況のヘイリーさんは普段は車椅子生活をしてます。

もし、ヘイリーさんが急な発作で倒れてしまったとき、自分の意思で手足を動かすことができないために、ケガに繋がってしまうのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook