サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

崖から落ちて瀕死の飼い主を助ける為、命をかけ6mの崖を降り携帯を届けた愛犬に感動

Pocket

飼い主への愛情。それは愛犬に向かってどれだけの愛情を注いできたかに比例するかもしれません。

勿論、何か助けてを思うが故に愛情を注ぐのではなく無性の愛を注ぎあう事が奇跡をうむのかもしれません。

そんな事を伝えてくれる素敵なエピソードです

彼女は崖から落ちて瀕死の状況でした

016年5月、ディナ(Dina Wuest)と、愛犬のボニー(Bonnie)の二人でニュージランドのタラルア山脈へキャンプへ出発しました。

3日間のキャンプ生活は二人にとって充実のキャンプとなる予定だったのです

しかし2日目に、ディナさんが足を滑らせて崖から落ちて全てが崩れてしまいます

6mも下に滑落してしまったディアさんは、足を骨折し自力で崖を登る事ができない状況になってしまう大怪我。

しかし崖の上にいるのは愛犬のボニーだけです。

愛犬と自分以外誰もいないタラルア山脈で助けを呼ぶ術はなく、このままでは連絡がとれず最悪の展開もあり得る・・・

不安がよぎりました

ディアが崖の上を見上げると、ボニーの姿が見えなくなってしまいました。

しかし、ボニーがその崖を降りてくる足音が聞こえたのです。

姿が見えないと思ったボニーは、ディアを心配し自分も危険があるのにも関わらず6mもの高さの崖を降り、ディアさんの元にやって来てくれたのです。

残念な事にボニーが来てくれたとしても、6mもの高さの急な崖を、骨折した足でディアは登れません

ある一つ事にディナは気付きます

ボニーは背中にディナさんがカスタマイズしたバックパックを背負っていたのです。

そのバックパックの中には、ディアさんの携帯電話が入っている事がわかります

ディアさんは、信頼している愛犬ボニーの背中に、いざという時に必要なものを入れ背負わせていたのです。

ボニーはその気持ちを裏切る事なく自分の身の危険も顧みずボニーはディアさんの元に駆けつけます。

そしてバックパックに入っていた携帯電話のおかげで、ディアさんは救助を求める事ができました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook