サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

目を持たず生まれてきた盲目犬。セラピー犬となり、障害を持った子供に笑顔を与える存在に

Pocket

光を知らないゴールデンレトリバー。
劣悪な環境で育てられた過去にも負けず、今ではセラピー犬となり、障害を持った子供たちを癒す存在になったのです。

笑顔を与える盲目の犬「スマイリー」

出典:www.mymodernmet.com

お花に囲まれ、幸せそうなゴールデンレトリバー「スマイリー」。
この写真からは想像がつかないほど、辛い過去を経験しています。

生まれつき目がなかったスマイリー。
子犬時代を劣悪な環境のブリーディング施設で暮らすことになります。
新しい飼い主さんに引き取られた時にはまぶたが落ち、くぼんでしまい縫合手術をしなければならないほどでした。

出典:www.mymodernmet.com

今でこそ新しい飼い主さんに引き取られ、新しい人生を歩みだしているスマイリーですが、障害を持ったペットが引き取られる可能性も低く、”安楽死”を進める声もあったほどだったそうです。

また、一時期は感染症に苦しむこともありましたが、
幸いにも飼い主さんの介護と病院での手術によって回復していくことができました。

幼くして辛いことが多く降りかかってきたスマイリー。
それにもめげず、今では立派なセラピー犬として活躍しています。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook