サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

前足の無いチワワと安楽死寸前だった烏骨鶏…一緒に散歩する異種間の友情が美しい

Pocket

悲しい運命に見舞われ、命を奪われてしまう可能性もあったチワワと烏骨鶏。
『異種であることなど関係無い!』
そんな言葉が聞こえてきそうな2匹の友情あふれる姿が話題になっています。

辛い過去の2匹

出典:www.facebook.com

チワワと烏骨鶏というあまり見ない組み合わせ。
この2匹はルー&ペニーとそれぞれ名付けられ多くの人に知られています。

とても仲良しなこの2ショットからは想像しがたいですが、2匹ともそれぞれ辛い過去がありました。

出典:www.facebook.com

前足のないチワワ、ルー。
ある動物病院に運ばれてきたルーは、その時点で前足がありませんでした。
前足がなかったことが原因なのか、正確なところは不明ですが、公園の溝でブルブルと孤独に震えているところを発見されたそうです。

生まれつき前足がなかったルーは生後7週間にして捨てられてしまったのではないかと考えられています。

出典:www.facebook.com

モコモコした烏骨鶏のペニーは、実験のために大学で飼われていたそうです。
実験が終わり次第、安楽死を予定されていたペニーでしたが、そこで勉強をしていたアリシアさんは許可をもらい、ペニーを引き取らせてくれとお願いしたのです。

出典:www.dailymail.co.uk

また、アリシアさんはルーが運ばれた動物病院で働いていたこともあり、ルーも引き取ることにし、この2匹を巡り合わせたのです。

そのままの状況であれば、命を失ってしまう可能性があった2匹ですが命を救われ、そんな過去に共感したのかすぐに2匹は仲良くなったそうです。

ルーが歩きやすいようにと歩行器をつけてあげた時のことです、2匹が深い友情で結ばれることが伝わる光景が見られるようになります。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook