サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

広島を訪問したオバマ大統領とハグした男性の偉大なる功績!日本とアメリカの架け橋となった行動とは

Pocket

オバマ大統領の広島訪問。日本人にとって歴史的な1日でした。

多くの人の涙を生み、感動した一夜となっています。

オバマ大統領とハグしお話をした男性。彼が残してきた功績を今回は紹介させて頂きます

歴史的なハグ

2016年5月27日、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は広島の平和記念公園(Peace Memorial Park)を訪問しました。

原爆慰霊碑に献花、そして追悼演説の後、一人の男性とハグし話をしました。

今回はこの男性の功績のお話をさせて頂きたいと思います

nippn.comさんの記事を引用させて頂きます

40年もの間、森重昭さんは、広島で原子爆弾の犠牲になった14万人余りの

人々に含まれていた被爆米兵捕虜12人の記録の断片を紡ぎ合わせてきた。

政府機関のおざなりな対応や、声をひそめたような批判にもかかわらずだ。

今年79歳になる森さんは、彼自身も被爆者だ。

労を惜しまずに積み重ねてきた彼の偉業は、図らずも被爆米兵ノーマン・ブリセットの

親友が自分の大叔父だという米国人映画監督の目に留まるまでは、ほとんど知られることはなかった。

「この真実を突き止める活動の軌跡は、人の心を動かさずにはいられないことは分かっていました」とバリー・フレシェット監督は言う。

しかし、この映画が、かかわる人々の人生を根こそぎ変えることになるとはゆめゆめ思わなかった。

「森さんは、40年の歳月をかけて被爆米兵の謎を読み解いてきました。史実を大切にする彼にとっては、

些細な細部の歴史的な発見が大変重要だったのです」と監督は語った。

「12人の飛行士に敬意を表し、人々の記憶にとどめ、遺族に何が起こったかを伝えたかった。彼はそれをやり遂げたのです」

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook