サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

卑劣な理由でバスに置いてけぼりにされた犬・・その時バスの運転手がとった対応に奇跡が起きた

Pocket

またしても自分が同じような行為をされたらどう思うかという事が考えらない愚かな人間が起こした事件が起きました。

なんとバスにブルテリアの犬が置き去りにされてしまったのです。

行き場を失い寂しそうな顔をするブルテリア。

その後、運転手が起こした対応に奇跡が起きます

バスの運転手が撮った素敵な行動

ヨーロッパでは、地下鉄やバスなどの公共機関に、ペットが乗車している光景をよくあります。

ペットが乗り込んでいようと、運転手も普通な光景なので特に気にしません

今からご紹介するお話は、ペットがバスに乗り込んできた時に起こった事件です。

日常的なことであるので、運転手のポール・マックさんも特に気にとめません

ロンドン市内を走行しているバスに、2人連れの男性がブルテリア犬を連れて、バスに乗車してきました。

バスを走らせて、通常業務をこなすポールさん。

そんな中、ブルテリアを残し、男性2人はなんと降りてしまったようです。

取り残されたブルテリア犬は寂しそうな顔をして待ちます

「この犬の飼い主はいませんか?」と車内に呼びかけます。

その呼びかけに応じる人はいないようで、車内に飼い主の姿はありませんでした。

1日の運行を終えたポールさんが、ブルテリア犬の様子を見に行くと、じっと座って震えているようでした。

家に連れて帰ろうと思ったポールさんは、バス会社に交渉してみます。

バス会社からは「もし咬まれて、何かあったとしても労災はおりません」と言われてしまいました。

家に連れて帰るのを断念したポールさん・・。

ブルテリア犬をこのままバスに置いていくわけにもいきません。

そこで、ポールさんは心優しいある行動に出ました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook