サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

前足を接着剤で繋がれる虐待を受けた瀕死の子猫!優しさを受け続ける事により奇跡が起きた

Pocket

人間の仕業なのでしょうか?人間はなぜ自分より弱いものに大して卑劣な行動を起こしてしまうのでしょうか?

子猫は全身を接着剤で覆われ、とても辛い目にあっています。やさしさを与える人もいれば

卑劣な行為を続けてしまう人もいます

悲しいです

瀕死の子猫の今の姿を見てください

ドイツのケルンにある動物保護施設では、経験豊富なスタッフが働いております。

今までにいろいろ悲惨な状況にある動物を見てきました。

しかしこの生後4週間の子猫が運ばれてきた時、彼らは大きなショックを受けました。

なんと子猫の全身は接着剤で覆われ、前足は顔にくっついていたからです。

こんなに小さな命になぜこのような事ができるのでしょうか?

子猫の目を見てみてください。

何かしそうな子に見えるでしょうか?

子猫を触ると接着剤の液がどれほどの量だったのかがわかります

全身が接着剤に覆われていたため皮膚呼吸ができず、子猫は命に関わる状態にありました。

獣医は前足を頰から剥がすのに、全身麻酔を使わなければならないほどでした。

接着剤のせいで、毛を剃ることができなかったからです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook