サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

入院した飼い主を、8日間も外で待ち続けていた犬。再会し喜ぶ姿が素敵すぎる

Pocket

人間でも愛する人が病にかかり、入院している時は不安な気持ちで毎日を過ごす事でしょう。

動物も気持ちは一緒です。それが大好きな人であれば尚更。

今回のエピソードはその事を教えてくれる素敵なエピソードです。

8日間という長い期間を待ち続けた犬。再会の時の笑顔が胸にグッときます

8日間も外で待ち続けた犬

ブラジル南部にある、リオグランデ・ド・ソル州、パッソフンドの町である事件が起きてしまいます。

被害者となったのはホームレスのラウリ・ダ・コスタさんです。

2014年3月31日のことでした。ラウリさんは、路上で襲われ、酷い怪我を負ってしまいます。

ラウリさんは当時一緒に生活していた愛犬と一緒に、市立病院に助けを求めました。

病院はすぐにラウリさんを救護。怪我の治療をしたのですが、その際に皮膚ガンを持っていることが明らかになり、緊急手術することに。

手術入院に要した時間は8日間。

ラウリさんを愛している愛犬は、8日間という長い期間を病院の外で彼を待ち続けたのです。

再会した喜びでラウリさんに尻尾を振り顔を舐め全力で再会できた喜びを表します。

8日ぶりですが、まるで何年も会っていなかったかのような喜びっぷり。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook