サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

『衝撃』Apple社の極秘事項と言われてきたた中国のiPhone工場内の様子が公開される

Pocket

常にサプライズを用意してくれる会社。アップル社。

iPhoneの発売もMacの発売も寸前まで情報が公開されずファンやファン以外もドキドキ
させられています。

そんなiPhone等がどこで作られているかご存知でしょうか?

極秘事項と言われたiPhone制作の工場内の様子が遂に明かされます

衝撃の内容!!

アップル社の製造ラインでも極秘と言われてきたiPhoneの製造工場です。

AppleのiPhone6sの生産を担当しているペガトロン社が、そんな工場の内部を一部公開しました。

そこでは数百人の従業員が軍隊並みの規律で整列し、点呼を待っています。

ピンクのジャケットを羽織り、ブルーのヘアネットを被り、プラスチックのスリッパを履いた労働者たち

現場主任が朝の点呼を始めると、自分のIDをiPadにスキャンします

そこからは、 1列縦隊で組立現場まで進みます。

しかし現場に入る前には厳重なIDチェックがある。セキュリティーバーには顔認識装置があり、

各従業員はIDをかざし、カメラを覗き込む。出勤時間もここで記録されています。

ペガトロン社の従業員は5万人もいます。

上海工場はサッカー場が90個入るほどの巨大さ、敷地内には消防署や警察署、郵便局などもあります。

そこで働く全ての従業員がiPhoneの組立・製造を行っているのだ。

工場に入る前に、作業員たちは金属探知機を通る。カメラやビデオなどで隠し撮りを行い、

未発表製品のリークやテクノロジーなどの社内秘密が漏れるのを防ぐためだ。

その後、中央にセーフティーネットがある階段を上り(事故や自殺を防ぐため)、制服に着替え、点呼のために整列する。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook