サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

余命先刻をされたダウン症の赤ちゃん。。。母のあきらめない願いと行動力で奇跡を起こす

Pocket

生まれたばかりの赤ちゃんが余命を宣告されてしまう。想像する事すら辛い現実です。

1%でも可能性を求めた両親が起こした奇跡。赤ちゃんの生きたい気持ちから溢れる

生命力、誰よりも救いたいと思った両親。

家族が起こした素敵な奇跡の物語です

あきらめない気持ちが起こした奇跡

米国フロリダで今年の8月、アビゲイル・ジョーンズちゃんが生まれた時、

エリカさんとスティーブンさんの両親は

すでにアビゲイルちゃんとのお別れの準備をしなければなりませんでした

医師に妊娠18週目に、胎児がダウン症だ診断され、更に脳に大きな腫瘍があることしたからです

医師には手術による切除は不可能だと宣告されました。

両親はアビゲイルが数週間の内にいなくなってしまうということを覚悟していました。

そのため、出産後は家に戻り出来るだけ多くの時間を家族で過ごすことに決めました

生まれてきた素敵な素敵な娘の姿を残すための写真撮影も手配しました。

しかし生まれてきたアビゲイルちゃんは生命力に溢れていました。

よく笑い、周りで起きていることにもたくさん反応し、毎日元気に過ごしていまいます。

1週間が過ぎ、そしてまた1週間が過ぎても、アビゲイルは元気に笑っているばかりだったのです。

エリカさんとスティーブンさんは、こんなに元気な赤ちゃんがもうすぐ死んでしまうなんて、信じられません。

そのアビデイルの元気さを見て、奇跡を信じて、二人はセカンドオピニオンを求めて、アメリカ中の病院に問い合わせてみることに。

そして、二人は診察をしてくれるという病院を見つけます。

ボストンにある有名な小児病院でアビゲイルの脳のMRIが撮り直されました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook