サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ゾウの「はな子」亡くなる。最後まで人に無性の愛を注いでくれた素敵なやさしさとは

Pocket

2016年5月26日に東京都武蔵野市の井の頭自然文化園で飼育されていたゾウ「はな子」がなくなりました。国内最高齢で69歳でした。

2016年5月26日にゾウ舎室内で亡くなる

26日午前8時半ごろゾウ舎室内で横臥していたはな子を発見。

横臥したままだと内臓を圧迫して死亡してしまうので、ロープなどでたたせようとしましたが動かせませんでした。

そして、15時4分に死亡が確認されました。
死因は、継続的な横臥で肺のうっ血を引き起こしたことによる呼吸不全でした。

国内最高齢で69歳でした。

戦後に来日し多くの人から親しまれた。

出典:ja.wikipedia.org

日本では戦時中に、動物が逃げ出すと危険なため猛獣処分によって多くの動物が亡くなっていました。

戦争が終わり来日し、上野動物園で飼育されました。
同じ年に来日した「インディラ」と共に愛され、3か月間で100万人近くの入園者が訪れるゾウブームも巻き起こしました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook