サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

『実話』ペット用のリュックごと飼い主に捨てられた犬…生きる事をあきらめない犬に起きた優しさ

Pocket

ペットを飼う事には責任と覚悟を持って飼う。このサイトでも何度もお伝えしてきた事です

しかし、今だその認識がなく、ペットを捨てるという愚かな行動に出てしまう方がいます。

ペットは生きる事をあきらめません。そこに救いの手が現れる

本当に優しい顔をした犬の本当の姿を見てください

あなたはこの姿を見ても犬を捨てれますか?

生きる事をあきらめない犬

アメリカ・アーカンソー州リトルロックに住むブレット・ウィニンガーさんと息子のザックさん。

いつも通り共通の趣味であるバイクでツーリングを楽しんでいました。

荒野を通りかかった時、ふと何かに気付きます。なんとペットキャリーが放置されているのを発見したのです。

二人はまさかという思いを抱きつつも、念の為に中身を確認しようとバイクを降りました。

周りには住宅はおろか人影すら無い田舎の土地にぽつんと置かれたペットキャリー。

見る人が見たらただのゴミだと思ったかも知れませんが、保健所から保護した犬を四匹も飼っているブレットさん。

見て見ぬ振りはできませんでした。

道路側からは見えなかったペットキャリーの裏側を見て、二人は大きくショックを受けます。

中には、痩せ衰えた犬が閉じ込められていたのです。

劣悪な環境で閉じ込められていた犬。

犬の爪は伸び切って丸まり肉球に達し、身体はやせ細り、ペットキャリーの内部は糞尿があり衛生的にもよくない。

直ちにドッグフードを買いに走り、戻ってからペットキャリーをよく見ると天井の一部が噛み千切られ小さな穴が開いているのに気づきました。

犬は生きる事をあきらめず必死の脱出の試みだったのでしょう。

ペットキャリーから出た犬は長い間狭い所に閉じ込められていたせいかフラフラしています。

それでも食欲はあった為その場でペットフードを与え、一旦バイクを置きに家に戻った後犬を連れ帰る為に車で戻りました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook