サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

「生きてるだけでまるもうけ」さんまさんの名言の裏に隠された壮絶な生い立ち

Pocket

テレビで見ない日はない。そんな毎日が何十年も続いている明石家さんまさん。

明石家さんまさんの名言に「生きてるだけでまるもうけ」という言葉があります。

数々の名言を残しているさんまさんですが、笑い以外で明言を残す事は非常に珍しい事です

その名言の裏に隠された壮絶な生い立ちを紹介させて頂きます

「生きてるだけでまるもうけ」

テレビから笑いあが溢れるたびにそこには明石家さんまさんがいます

誰もが一度は聞いたことがあろう「生きてるだけでまるもうけ」は、明石家さんまさんの代名詞と言ってもいいほどの名言です。

飲食店で見つけるさんまさんのサインにはよくこの言葉「生きてるだけでまるもうけ」が書かれています。

実はその言葉の裏にはさんまさんの壮絶な生い立ちが隠れていました。

~生きてるだけで丸もうけの本当の意味~

 
「実母はさんまが三歳の時に病死している」

 
「さんまが小学校高学年のときに父が再婚。

さんまには年の離れた弟ができました。

中学生くらいの頃は娯楽といえぱ三枝さん(文枝)のラジオ『ヤングタウン』でね。

二段ベッドでいつも二人で聞いてたんです。

新しい母には遠慮もしたしやっぱり反発もあったそうです。

その母が昔、隣の部屋で酒を飲みながら『うちの子はこの子(弟)だけや……』

って言うのが漏れてきたのが聞こえてきたんですよ。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook