サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

全身火傷を負った赤ちゃんを助けた名の知らぬ看護婦。38年ぶりの再会を繋げた素敵な奇跡とは

Pocket

赤ちゃんの時に全身に大ヤケドをおってしまう。想像もしたくない程辛い出来事です

しかし一人の名も知らぬ看護婦のおかげその赤ちゃんは未来をあきらめる事なく生きる事ができます。

そして名も知らぬ看護師との再会。そこには多くの奇跡がありました。

素敵な素敵なストーリーです

SNSが起こした奇跡

アメリカ合衆国の、ニューヨーク市在住のアマンダ・スカーピナティさんが今回のお話の主役です

アマンダ・スカーピナティさんは一人の女性を探していました。

捜したい人は38年前に、大ヤケドをおった際に入院先の病院で献身的に世話をしてくれた一人の看護婦さんです。

その人は、火傷が痛み泣き続けるアマンダさんを、その看護婦さんは常に優しく抱きしめてくれました。

名前も知らない、アマンダさんの会いたい人

病院の広報によって出版された、分厚い包帯が巻かれた小さなアマンダさんが抱かれている写真。

この写真は、アマンダ・スカーピナティさんにとって宝物となり、その後も生きる上で希望を与え続けてくれました。

というのも、火傷もすっかり治り、次第に成長していくアマンダさんでしたが、幼少時代には、その火傷の跡が原因でイジメにあう事になってしまったのです

それでも、アマンダさんはその写真を見つめ写真の中の看護師さんに話しかけ、気持ちを落ち着かせていました。

1977年、アマンダさんがまだ生後3ヶ月の赤ん坊だったある日、風邪を引いていた彼女を母親がソファーに寝かせた時に事故は起きてしまいました。

母が目を離した瞬間に、何かの弾みで動いてしまった赤ちゃんのアマンダさんが、ソファーの横に置かれていた加湿器の上に直接落ちてしまったのです。

彼女ははすぐ病院へ運ばれましたが、全身に大きな火傷を負ってしまったのです。

上記でも書いてある通り、そのヤケドが原因でイジメに合う事はありましたが、彼女のやさしさが心の支えとなり未来をあきらめる事はありませんでした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook