サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

保護施設の犬たちの為に1年も本の読み聞かせる自閉症の少年が送る優しいメッセージ

Pocket

辛い境遇の保護施設に連れてこられた動物達。その動物達に1年以上も本を読み聞かせ続けている優しい少年がいます。

彼は6歳です。医者に自閉症と診断されています。

お互いの境遇を伝えあい、少年が送ったメッセージとは

自閉症の少年が保護施設の犬に本を読み聞かせ続ける理由とは?

アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスにある動物保護施設。

カールソン・アニマルシェルターに収容されている犬たちには、それぞれに悲しいストーリーがある。

そして人間が関係している悲しいストーリーがほとんどです。

彼らの過去を変えることはできないが、未来に希望を与えることはできる。

自らも自閉症と戦っている6歳のジェイコブくんは、一年以上ここに通い、ゲージの前に座り犬たちに本の読み聞かせを続けている。

自分の心を人に閉ざしていたジェイコブくんだが、犬たちと心を通わせることで、境遇が同じ犬達と明るい神酒井を手に入れる為に支え合っている

ジェイコブくんは一年以上、毎週木曜日に学校が終わってから本をもって

このアニマルシェルターに収容されている悲しい境遇の犬たちを訪ねている。

このなにげない行為が、辛い境遇から怯えてばかりいたの犬たちに大きな影響を与えている。

里親を探す上で、怯えて吠えたりしてしまったりする犬は引手が少ないという現実があります

殻から抜け出して、自分の優しい個性を見せても大丈夫なのだということがわかったようで、里親候補の目を引くのに役立っているという。

「ジェイコブはこうするのが好きなんです」ジェイコブくんの母親キャサリン・トュマランは語る。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook