サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

3月11日で原発被害にあわれた方が突然家に帰宅したら。。。その壮絶な模様を移した写真に胸が痛みます

Pocket

天災、人災、あの日から5年が達町が復興していく様子がメディアで取り上げられています。
果たして復興は進んでいるのでしょうか?

フランス人の写真家が撮影したこの写真を見て再度考えなければならないと思います

最後まで是非ご覧ください


終わらない被害・・・

出典:www.fukushima-nogozone.com

ギヨーム・ブレッションとカルロス・アジェスタは現在の浪江町と、町民たちの姿を撮影し
、記録・発信する活動を続けているフランス人の写真家です。

この衝撃的な写真は2014年に実際の住民に協力して頂き撮った写真です。。

是非目に焼き付けてください

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook