サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

犬の安楽死に耐えかねての自殺、動物保護施設管理者が迎えた悲しいすぎる結末。

Pocket

台湾から悲しすぎるニュースが届いてしまいました。動物保護施設で働く方の自殺です。

自ら命を絶ってしまったのは、簡稚澄さんという31歳の女です。

安楽死という問題が現在大きく起きている中での悲しいニュースです

日本でも深く考えていかなければいけない問題。

最後まで読み、一緒に考えて行きましょう

動物の安楽死とは・・・

出典:www.dailymail.co.uk

国立台湾大学の獣医学部をトップの成績で卒業した彼女。

同僚からも「優しく、動物に大してプロフェッショナルな人物」として認められていました。

しかし保護施設の過密問題のために、彼女は2年間に700匹の犬を“処分”しなければならなかった。

動物に対し愛情と信念を持って接し続けていた簡さんには耐えきれない日々です

落ち込む毎日の中で、安楽死の処置を行って死にゆく犬を何度も抱きしめていました

落ち込み続けている簡さんは更なる試練に臨む事になります

しかし動物保護団体は簡さんを槍玉に挙げて「美しき死刑執行者」「美しき屠殺人」と厳しく批判し続けた。

そして先日、思い詰めた簡さんは犬に投与してきた安楽死用の注射を自分にも打ち、昏睡状態に陥ってそのまま息を引き取ることに。

責任感が強く動物を愛していた簡さん。

耐えきれない毎日に命を絶つ事が救いになってしまったのです

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook