サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

『実話』耳に障害がある3 歳の少年が生まれて初めて父の声を聞いた時に出した笑顔!!

Pocket

耳に障害があり、父の声を生まれてから聞く事が出来なかった少年。医学の発展により

父の声を聴く事ができます。初めて父の声を聴いた少年。

その素敵な笑顔とは?

胸が暖かなる実話の動画を最後までご覧ください

耳に障害がある少年が聞いた父の声とは

3歳のグレイソン・クランプくんは、

生まれてからずっと、完全に音のない世界で暮らしてきました。

両親や大好きな人たちの口の動きをじっと見つめても意味はわかりませんでした。

その後、成長する中で彼は手話を覚え始めました。

手話を勉強する期間も、両親は彼にずっと愛情を注ぎ続けました。

ゆっくりと、グレイソンくんは他の人たちと

自分は少し違うと気づき始めていました。

彼は病院に行って、耳を調べてもらったり、

頭の中を見るために大きな機械に入れられたりもしました

しかし、彼にとっては耳が聞こえないいつもと変わらないある日、

突然、彼は特別な部屋へと連れて行かれました。

科学者や医師に囲まれ、とても不安な少年

しかしそのとき、彼の心に何か新しいことが起こったのです。

信じられない経験をした少年。

次のページでその姿がわかります

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook