サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

問題になっている孤独死!98歳のおばあちゃんが孤独を紛らわすためにしていることは・・・

Pocket

日本でも現在問題になっている高齢者の孤独死。身寄りがいない高齢者がひっそりと亡くなっていく。そしてその状況に気付いていない・・・

色々な人生を歩み、人の為に尽くしてきた方も多くいらっしゃると思います。

今回紹介させて頂くのは98歳のおああちゃんです。

そして生活は孤独です。孤独を紛らわせるために行っている行動とは

この問題は深く考えていかなければならないと思います

98歳のおばあちゃんが孤独を紛らわす為にしている事

子どもができ、その子どもが成長して孫ができ、家族がどんどん増えていく一方で年老いた自分の「居場所」が家族にない寂しさ

居ても何もできない、ただ居るだけ…

家族が別に何かを言うわけではないけれどみんな忙しそうにしている姿に

気おされるかのように「自分はもうここには必要ないのかも」と思う。

老人ホームを選ぶ場合もありますが最悪の場合は孤独死も

 
 
「Junk Mail」という動画が、今話題になっているのをご存知ですか?

主役は98歳のごく普通のおばあちゃん。

一人暮らしの彼女の日課は、週末以外、迎えの車である老人ホームに行くこと。

施設には顔見知りのスタッフや友達がいて、どうやって暇を紛らわそうかと考える必要もなく

、お喋りやゲーム、楽器の演奏など色んなことを楽しめます。

これまで施設のスタッフは、施設にきているおばあちゃんの姿しか知りませんでした。

でも、今回映像制作会社のスタッフがおばあちゃんの家にカメラを設置して、

おばあちゃんが家ではどんな風に時間を過ごしているかを知った時に激しいショックを受けたのです。

家で孤独を紛らわすためにおばあちゃんがしていた事とは・・・。

それでは動画をご覧ください。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook